人気のコーヒーメーカーの特徴について

最近は、日本人でもコーヒーを飲用するシーンが増えており、コーヒーに含まれる栄養が優れている点やその香りも心を落ち着かせる働きがあることで、注目されています。


従来はインスタントコーヒーがよく飲まれていましたが、本格的な美味しいコーヒーを味わいたいとするニーズがあります。そこで欠かすことが出来ないのはコーヒーメーカーです。
コーヒーメーカーは、その名の通り一杯飲みたいときにそれを即座に提供できる機械です。
現在は幾つものコーヒーメーカーが存在しますが、人気の売れ筋の機種もあります。



ただその入れる方式には主に三種類あり、その方式により人気も分けられます。



その三種類とはエスプレッソ方式、ドリップ方式、カプセル方式であり、多くの機種もその三つのいずれかに属するのが通常です。

エスプレッソ方式は、コーヒー豆自体を深煎りで微細に砕きフィルターに充填して、その上から沸騰水を加圧して濾過することで注ぐコーヒーとなります。
そしてドリップ式はコーヒー粉に沸騰したお湯をかけ、その重さによって濾紙などから一滴ずつ抽出していく方式です。

カプセル方式は、コーヒーメーカーに専用のパックやカプセルをセットして、それによってコーヒーを抽出していく方式になります。

いずれの方式が人気があるのかについては、三種類とも一長一短があるため、何とも言えません。ただ人気の主流には、水を入れてそれを沸騰させてコーヒーを抽出するのですが、その水のカルキ臭などを取り除く機能を持っている浄水機能も持っている機器です。



本当に美味しいコーヒーを飲むためには、コーヒー豆と共に注ぐ水にも拘らなければならないのは事実です。